夢は現を予兆するもの

夢とは予兆夢とも言われるとおり、
将来を予言するものでもあるのです。
・・・彼の結婚もちかいか。

しかし、見事な夢オチに私めも感服いたします。

-------------------------


えぇと、結婚しました。


で、式と披露宴をする事になったんですが、ドタキャンしました。

2週間後に、改めて、という事になったんですが、やはりドタキャンしました。


ま、お判りのように、夢なんですが。


今回は二話仕立て。
26 時 に就寝して、第一話 (一回目のドタキャンまで) を見て、目覚めたら 27 時半。

こりゃ足りてないな、と二度寝したら、第二話。
起きたら 12 時近くでした。


第一話

ある日突然、『明日結婚式だからやれ』 と告げられ、
唐突過ぎる展開に流されるものの、やはり直前 (新郎新婦の入場です付近) になり、
「リハーサルとかも無しだよな…つーか、なんで俺、今こんな事しなきゃいけないんだ?」
という葛藤に陥り、
「でもな~人来てるしな~」 と思いつつ、結局急遽取りやめる所までを、俺主観でドタバタ気味に。


第二話

その2週間後という設定でほとんど同じ展開。
やっぱりリハーサルも何もせず、突然翌日が本番です、みたいな流れで。
ただ二話では、わざわざ来てくれた人に現ナマを渡して、黙って帰っていただく、というワルっぷり。
無駄な出費をしました。くっそぅ!
新婦が、病院関係の人らしく、アレは有り余っていた模様なので罪悪感は全く無く。

第二話では、その後、新郎 (俺) 新婦とその友達が集団で散歩をしに出かけ、
香港式トラックの車庫入れ (もちろんカンフー) を目の当たりにして、
「あぁ、カメラ持って来てなかった…こういう時にだけ忘れるんだよなぁ…」
と友達とボヤく、というアフターストーリー付き。


二回もトンズラぶっこいた理由ですが、
『突然結婚したくなくなった』 ではなく (既に入籍は済んでいるらしい)、
「なんで、こんな事 (よく知らない他人に披露する) しなきゃいかんのだ?」
という至極真っ当な疑問に突き当たり、理由付けができなかったため、遁走した模様。
もちろん新婦も一緒に。
笑いながらダッシュで離脱!

ウラで親族が取り引きしてる映像が、式場から駆け出す時にチラリと。
札束渡したら、それまでぶーぶー文句言ってたマダムがものすごくニコニコして
『仕方無いわねぇ、今回だけよ』
とか言ってた。

2回目なのになぁ…と思いながら新婦と友達連れて走って逃げた。


カンフー車庫入れですが、
12 人の女子カンフーチーム (アタマが団子のカンフー衣装の人もいれば学校の制服姿の人もいた) が、
道路の左右に立ってる高いフェンスの上から華麗に登場して、
「気」 を使ったりしながら、超巨大トラックを見事車庫入れさせたのです!
で、ひと仕事終わって、ふぅ…って所で、こっちと目が合って、
『ヤッベ!見られちった☆てへ』
みたいな感じで、少し恥ずかしそうに、しかしシュタタッ!と四散したのです。


別段ブルーな気分でもなく、至ってフツーに目覚め。

うぅむ…さっぱりわからん。
一気に冷え込んだせいか?

テレビ点いてた訳じゃないしなぁ…。


って、これ、今朝の話で昨日じゃねぇ!

えーと、昨日は、朝から夕飯時までお仕事。
仕事納めのイベントは特に無く、フツーに帰って、そのままお茶飲んで終了。
あぁ、特に何も無かったのか。
[PR]
by whitejoker | 2004-12-29 21:17 | SHONBORI&J1


<< 本年最後の更新? 神立高原へのスキー >>