ゼツボウノムコウカラキボウガ

絶望の後からおいしいからいいだろう?

-------------------------


あ!
くじら羹とか、氷室羹とか、食わなきゃ!

あー!メシ食い過ぎてるのに!ど、どうしよう!

01:54  く、くじら羹……氷室羹……眼の前にあるんですが……。
 01:57  俺の手持ちのカードには 「無理」 「ギリギリ」 「崖っぷち」 と書かれてます。
 02:45  なんかフラッシュの調子が悪い…点灯しなかったり、妙に光量が少なかったり…。
 02:54  つーわけで、一本だけ食いました。二本準備したんだけど、時間の都合で。
食べたのは 「くじら羹」。
開封した時の絶望的な昆布臭に正直ひるみましたが、食べてみたら、
良い意味で裏切られました。
黒と白の二色の 「羹」。
羊羹ってのとは、ちと違う感じの独特な食感でした。
昆布羹側 (黒) は、ゼリーのような寒天のようなツルンとした食感。
一方の味甚羹側 (白) は、甘くて少しねっとりとした…
どこかで食べた事のある食感と味わい。米粉使ったナニカかな?って感じ。
どうしても思い出せなかったけど、絶対に食べた事ある味!
最初のニオイにたじろぎ、一口目は小さめカットで恐る恐る。
ニオイとは全然違う風味が広がって美味でした。
昆布羹も全く昆布風味はしなかったし。
当たり前だけど、くじらは入ってませんでした。
で、残りは3口で。
甘さは比較的控えめですが、一本食べると、さすがに甘みが蓄積します。
お茶必須、です。
んん、でもコレも美味でした。
両者ともプラス 10ポイント!
「氷室羹」 は明日!
明日はまっすぐ帰って来ますから!

[PR]
by whitejoker | 2005-07-08 22:16 | SHONBORI&J1


<< 人間、慣れるものだな・・・ 猫で~す。美味しい甘いの、クレ! >>